サマソニに「出れんの!?サマソニ!?」から出演のDos Monosは必聴。韓国でのライブも

シェアする

今年も「出れんの!?サマソニ!?」からSummer Sonic(サーマーソニック)への出演者が決定しました。

今回はその中でもDos Monosというヒップホップグループが気になったので取り上げてみます。

出れんの!?サマソニ!?とは

出れんの!?サマソニ!?とは2009年から始まったSummer Sonic公募枠のことで毎年有望なアーティストたちがSummer Sonic出場権をかけて争っています。

以前は、「神聖かまってちゃん」・「水中、それは苦しい」・「WHITE ASH」・「ヤバイTシャツ屋さん」・「Podo」・「うみのて」などの有名なロックアーティストを輩出してきました。

2017年になり、そんな「出れんの!?サマソニ!?」からヒップホップ中心のグループがSummer Sonicに出ることも珍しいことではないのかもしれません。

Dos Monosとは?

名前

Dos Monosはスペイン語で「2匹の猿」という意味らしく、これがどのような意味を持っているのかは正直わかりませんでした。

音楽性

今回の出演アーティストの中でも特に目を引いたDos Monosでしたが、音楽的に一番面白いなと感じたのは王道ヒップホップではない点です。

Dos MonosのトラックはSoundCloudなどで聞くことができますが、SIMI LABのようなクールなビートとクールなラップが特徴で、いかにもSumer Sonicらしい王道悪めのヒップホップとは一線を画しています。

メンバー

メンバーはSoundCloud上、荘子it / Taitan / 没 (Botsu)と紹介されていて、MV上でも個々の声の違いがわかりやすいのも特徴です。

韓国でのイベント出演や、今乗りに乗っているYahelのイベント前座などもこなしており、期待されているようです。

クレジットでは荘子it(ソウシット)さんがトラックメイキングを担当されているようで、他にDOTSというグループでも活動されているのがわかります。

ライブ映像

これからの活躍が楽楽しみなDosMonos、みなさんもサマーソニックでご覧になってはいかがでしょうか?

良い記事を書き続けるため、こちらのフォームから購入いただけると百円程度の寄付になります。お願いいたします。    
以下のブログランキングに参加しています。 押していただけると他の方にも見ていただけ、励みになります!
にほんブログ村 音楽ブログへ



シェアする

フォローする