映画「ラ・ラ・ランド」にも登場した革新的に変なキーボード”Seaboard”が今ヒット商品に

シェアする

via Times

キーボードの弱点とは?

Seaboardの話に移る前に、皆さん入力機器としてのキーボードの利点と欠点をご存知でしょうか?キーボードはDTMをはじめとして広く楽曲制作の起点として使用されています。

これはキーボードの、

①. 誰でも音が出せる(音を出すだけなら訓練はいらない)
②. 鍵盤数に応じて広い音階に対応している
③. 同時に復数の音(和音)が出せる
④. 楽器一点一点の差異が少ない

という利点にあります。

しかし他の楽器(例えばギターなど)をキーボードで弾こうとした時に難しい点があります。それがスムーズなピッチベンド、スライド奏法です。

via キーボーディストの独り言

その弱点を解消するため楽器メーカー各社のキーボードにはこのようなピッチベンドが付いています。しかしながらこのベンドのみでは、ギターのようなスライド奏法やスムーズなベンドは再現できません。なぜならピッチベンド自体が今弾いている音からの相対的なチューニングを変更するものであり、同じ音の中で次の音階を出したい時も、ピッチベンドを元に戻せないからです。

ROLI Seaboard

この点を解決したのが2013年に発売されたROLI Seaboardです。

Seaboardは全面にタッチセンサーを内蔵し、キー同士の行き来を可能にすることにより幅広い音へのアクセスを可能にしました。ギターのようなベンドを多用する楽器にも対応できるようになり、まさに「キーボードの次元を上げた」と言えるでしょう。

映画「La La Land」にも登場

https://youtu.be/M6Vfj1TjMvU?t=2m12s

映画「La La Land」にも登場

2016年には映画「La La Land」の劇中にも登場し、気になった方も多かったはずです

反響も大きかったのか更に同年、MIDIキーボードバージョンのSeaboard RISEを発表し、今月新たにSeaboard miniが登場しました。

あなたもますます便利さを増すSeabordの世界に足を踏み入れてみてはいかがでしょうか?

ROLI | 日本語ポータルサイト
5Dタッチにより前例のない表現力の可能性を提供するROLI 。革新的なモジュラー・ミュージック・スタジオBLOCKS、MIDIコントローラー上前例のない表現力の可能性を開くSeaboard RISEをラインアップ。指先での直感的なジェスチャーによって音楽を形成する新しい方法を提供しています。
以下のブログランキングに参加しています。 押していただけると他の方にも見ていただけ、励みになります!
にほんブログ村 音楽ブログへ



シェアする

フォローする