アメリカでついにヒップホップがロックの売上を超える

シェアする

ヒップホップがヒットチャートを賑わせることは昨今もう珍しいことではないですが、今年初めて、R&Bとヒップホップのアメリカでの消費額がロックを超えたという報告がされています

Hip-Hop & R&B is Officially More Popular Than Rock Music in USA
According to Nielsen Music, hip-hop and R&B are now more popular than rock music in the U.S. for the first time in history. Get all the details right here.

フィジカルからストリーミングへ

Nielsen Musicが発行する半期レポートによると、アメリカでの2017年のR&Bとヒップホップの消費数は全音楽の25.1%ロック23%という結果が出ています。Nielsenがアメリカの音楽消費をモニタリングし始めて以来、初めてヒップホップとR&Bがロックを抜いたことになります。

ロックはまだアルバム販売において、アメリカの全アルバムの40%を占めていますが、既に数多くのレポートでも報告されているように、近年の、特に若年層のストリーミング配信の増加によってストリーミングで音楽を​​消費する人が増え、CD・LPなどのフィジカルアルバムのリリースは減少しています。

逆にヒップホップとR&Bは、全米のオンデマンドストリームの29%以上を占めています。これは総じて減少傾向にある音楽業界において、唯一増加が明らかな部分です。ヒップホップとR&Bなどのジャンルは、主にSpotifyやApple Musicなどのストリーミングプラットフォームで人気があり、ロックとポップの合計額を上回ります。


上半期最も人気だったアルバム

Nielsen Musicのもう一つの調査結果は、2017年上半期のアメリカでのKendrick LamarのDAMN”人気の高さでした。調査によるとこのアルバムは、今年初めにリリースされ、2017年の上半期に米国で最も人気のあったアルバムであるとされています。

HIGHSNOBIETYの「上半期ベストアルバム」にもDAMNは選出されています



良い記事を書き続けるため、こちらのフォームから購入いただけると百円程度の寄付になります。お願いいたします。    
以下のブログランキングに参加しています。 押していただけると他の方にも見ていただけ、励みになります!
にほんブログ村 音楽ブログへ



シェアする

フォローする