Google Glassが企業用として密かに復活

シェアする

Googleが、以前発表していたGoogle Glassを、大手顧客向けの”エンタープライズ版”のGoogle EEとして改めて大手顧客に向けて販売していることが明らかになりました。

Google Glass is back from the dead
Google Glass, the smart head-up display and camera that was supposed to become everyone’s next portable computer, isn’t dead. It’s gotten a job — multiple jobs,…

Googleが以前開発していたGoogle Glassは、計画が頓挫し、中断されたと思われていましたが、NPRによって工場での運用が確認されています。またその後にはWiredがGoogle Glass EEの実験導入の経緯を記事にしており、昨年夏に出たものがeBayでも取引されています。

新しいGoogle Glass EEは従来のGoogle Glassから、解像度が5メガピクセルから8に変更されより優れたカメラ、バッテリ寿命の延長、Wi-Fiとプロセッサの高速化、ビデオ録画時に点灯する新しい赤色ライトなどがアップデートされています。

Googleの親会社であるAlphabetはこのような企業での使用を経て知見を貯め、改めて一般消費者向けに打って出たい考えですが、反発も少なくありません。

Google Glassの企業での活用に関しては、モニターがない状態でも工場労働者が様々な情報を瞬時にキャッチアップできるなどの役割が見込まれています。しかしながらその反面として、高まるロボット需要に対して、ロボットよりも柔軟な対応ができるロボットとして人間を活用しようとしているだけだ。といった、導入に伸長な意見も多く見受けられます。

また、そもそも一般販売用のGoogle Glassの発売が延期された理由も「プライバシーを確保することが難しい」との理由だったため、その点でも今後のアップデートが期待に添えるものになるのか、続報が待たれます。

以下のブログランキングに参加しています。 押していただけると他の方にも見ていただけ、励みになります!
にほんブログ村 音楽ブログへ



シェアする

フォローする