サウンドハウスが尺八の取扱を開始

シェアする

尺八 奏者

かねてよりいくつかの和楽器の取扱も行なっていた国内楽器通販大手サウンドハウスですが、今月11日から尺八の取扱を始めました。

主に使用されている尺八には琴古流と都山流の二種類があり、Soundhouseにはその両方が取り扱われているようです。

琴古流

琴古流は、江戸時代に初代黒沢琴古(1710年 – 1771年)によって創始された。初代は俗名を幸八といい黒田藩の藩士であったが浪人となり、江戸へ出て一月寺、鈴法寺の吹合指南役となった。尺八曲の整理を行い、全36曲の琴古流本曲を制定した。黒沢琴古の名は3代で途絶えたが、琴古流はその後、吉田一調荒木古童らにより隆盛を築いていく。

琴古流は大小いくつもの組織の総体であり琴古流として統一した組織をもつものではない。

都山流

都山流は明治期に初代中尾都山が創始した流派であり、普化宗とは直接のつながりを持たない。宮城道雄と提携し、宮城作曲の尺八譜の公刊を独占したこと、評議員制の導入など中央集権的な組織作りを行ったことなど都山流は尺八界最大の組織となった。

日本の伝統楽器「尺八」取扱開始! ― サウンドハウス

尺八 ― Wikipedia

良い記事を書き続けるため、こちらのフォームから購入いただけると百円程度の寄付になります。お願いいたします。    
以下のブログランキングに参加しています。 押していただけると他の方にも見ていただけ、励みになります!
にほんブログ村 音楽ブログへ



シェアする

フォローする