僕が初めてのマイクにShure SM58を激推しするワケ

シェアする

DTMやバンドをされる方は初めてのマイク選びにおいて、わからないことだらけだと思います。ダイナミックとコンデンサーの違いとか、ファンタム電源とか訳のわからない言葉でいっぱいです。

型番にしてもSONY PCV80U、CLASSIC PRO CMU1、Rode NT-1、Shure SM58、Shure SM57…等々、出てくる名前がいくつかあると思います。

その中でも僕は友人に「初めてのマイクはどれがいい?」と聞かれた時には圧倒的にShure SM58を推しています。

世の中にはいっぱいマイクがあって、音質でいうとSM58より優れているマイクなんていっぱいあります。それは事実です。それなのになぜSM58なのでしょうか?

①そこまで高くない

人によって予算は様々だと思いますが、一般的に初めて買うわからないマイクの予算として出せるのは高くても1万円、平均して5000円くらいだと思います。

マイクの世界でいうとその価格帯の商品は本当にピンキリです。しかも大体初めてなので自分の好みの音なんてわかりゃしない訳です。

そんな賭けみたいな状態で選ぶマイクとして、SM58はSoundhouseでも税込1万円前後と手が出しやすい価格にあると思います。10年くらい前までは2万円ほどの価格で、それでも買われていたことを考えると、相当お得になっています。

②業界標準の音質

断言してもいいですが、音楽業界にいるこれは人でSM58の音がわからない人はいません。バンドマンからソロミュージシャン、レコーディングエンジニア、最近だとラッパーの方々まで、みんなが知っているライブマイクの音がSM58です。

WHY WE CHOOSE SHURE – Shureを選ぶ理由 – R-指定

ですからみんなSM58基準で喋ります(高級スタジオにはそれはそれで標準があるのですが、その人たちでもSM58の音は知っています。)「ハイが出過ぎてるね」とか「音が硬いよね」、「もっと離して使ったほうがいいんじゃない?」とかの話は全部SM58基準で喋っていると考えてもらってもいいくらいです。

③壊れにくい!

別記事でも記載しますが、SM58はとにかく壊れにくいです。

僕がSM58をお勧めするときには必ずと言っていいほどこの点は強調します。ほかのマイクと比べてSM58がどの程度壊れにくいかという比較の話ではなく、とにかくSM58は壊れにくさには定評があり、例えば海に放り投げても壊れません

これは(レコーディング専用ではなく)ステージで扱うマイクにとって何をおいても一番大事な条件だと考えます。

あなたがもしミュージシャンだったとして、ステージ上で壊れる可能性のあるマイクなんて危なっかしくて持っていられるでしょうか?

そうでなくともステージ上にはマイク以外の様々なトラブルがつきものです。信頼性のある機材を適切に使うということはそういったトラブル時に「原因はこの機材じゃなくて他の部分にあるな」と、適切に対処できることにもつながります。信頼性のある機材はトラブル復帰も早いのです。

初めてのマイク選びの参考になれば幸いです。

以下のブログランキングに参加しています。 押していただけると他の方にも見ていただけ、励みになります!
にほんブログ村 音楽ブログへ



シェアする

フォローする