イギリスではお札でレコードが聴ける?! 新ポンド札のすごい特徴

シェアする

イギリスの紙幣が変わった

2016年9月からイギリスでは、偽造防止と強度向上のために新ポンド札が導入されました。

この新ポンド札では新しく、紙ではなくプラスチックを使い始めたそうで、そのおかげで従来のポンド札からは飛躍的に破れにくく、偽造もしにくい紙幣になっています。

発行時にはイングランド銀行総裁が「カレーにつけても問題ないよ」とパフォーマンスするほど。

新ポンド札はレコードが聴ける?!

しかしそれだけではないのです!

オンガクテック的に一番注目したいのはこの新ポンド札、強いが故にレコードまで聞けてしまうということ!

BBCのTwitterでも取り上げられていました。

実際の動画がこちら

おおーっ。

なかなか大きな音で鳴ってくれているみたいですね。

レコードから直で拾っているのでシャキシャキした音になってしまっていますが、しっかりブレイクビーツが聞けています。

レコードにダメージがないかが心配ですが、これも耐久性の高い新ポンド札だからこそ。レコードの試聴もお手軽にできて、イギリスの人たちが羨ましい限りです笑

良い記事を書き続けるため、こちらのフォームから購入いただけると百円程度の寄付になります。お願いいたします。    
以下のブログランキングに参加しています。 押していただけると他の方にも見ていただけ、励みになります!
にほんブログ村 音楽ブログへ



シェアする

フォローする